平屋・別荘・自然素材リフォームの間取りと費用 那須塩原・日光・那須町

TOPページへ戻るお問い合わせ電話番号
トップページへ戻る
自然素材・エコ:お問合せ・無料相談 自然素材・エコ:イベント・セミナー情報 自然素材・エコ:小冊子プレゼント 木の城通信 お申し込み 省エネ 自然素材 エコリフォーム 断熱改修のすすめ ブログ
施工エリア

栃木県
那須塩原市,日光市,矢板市,大田原市,鹿沼市,さくら市,宇都宮市,佐野市,足利市,栃木市,小山市,下野市,真岡市,那須烏山市,塩谷町,那須町,那珂川町,上河内町,河内町,高根沢町,芳賀町,市見町,益子町,上三川町,壬生町,西方町,都賀町

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP

湿度は温度とともに人の暮らしに大きく影響します。
冬の結露、寒さ、暑さなど体感温度、さらにカビ・腐朽菌、ウイルスの活動など人の健康に影響を与えることにも深く関連しています。
温度と共に湿度をコントロール出来ることが良い住まいと言えるでしょう。

相対湿度とカビ、ダニの活動が活発になる湿度は60%以上、ウイルスは湿度40%以下でも活動が活発になります。人が快適と感じる湿度40%から60%に湿度を管理すると健康的に暮らせます

実際に冬40%にするのはなかなか難しいようです。
冬暖房した室内の相対湿度は一般的に20%台になっていますので過乾燥の状態です。住宅用加湿器1台をフルに運転しても湿度はなかなか40%まで上がらないことが多いのです。水蒸気は、家の隙間や家の素材、木・コンクリート・断熱材などを通過し移動してしまうからです。また、湿度を上げると断熱性の低いアルミサッシュでは結露が多量に発生し、カビの発生など新たな問題も起きてしまいます。
隙間の少ない、断熱性の高い住まいは湿度もコントロールしやすい家といえます。
湿度


湿気(水蒸気)の移動

湿度水蒸気の移動について間違った知識で話をしてしまうことも多いようです。(私もその一人でした。)
相対湿度が高いほうから低い方へ水蒸気は移動すると考えていました。
たとえば、冬の屋外0℃・湿度50%、室内20℃・湿度30%の場合、水蒸気はどう移動するのか?
私は湿度50%の屋外から湿度30%の室内へ移動するとまじめに考えていました。

しかし、そうではないようです。
温度0℃、湿度50%、1kgの空気には約1.8g、 室温20℃、湿度30%、1kgの空気には約7.3gの水蒸気が含まれており絶対湿度の高い室内から室外へ水蒸気は移動するのです。(空気線図参照)
ですから、冬・室内で加湿器を運転し続けても相対湿度がなかなか上昇しないということになります。
絶対湿度とは乾き空気1kgのなかに何gの水蒸気が含まれているかということです。

湿度

湿度

湿度 空気線図を拡大する リフォーム施工例
小冊子プレゼントお問合せ・無料相談

提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所